中西真知子

記事一覧(41)

アシックス♡

この度、現役時代にサポートして頂いていたシューズメーカー、アシックスにまたサポートしてもらえることになりました♪1995年。プロアスリートになる事、オリンピックに出場する事に憧れトライアスロンデビューした私。当時はまだ競泳選手で、企業がスポンサーになり競技生活するトライアスリートの話を聞き、そんな話をキラキラ自信満々に話す選手がすごくかっこよく見え、憧れました。今でこそ、競泳でもプロ選手がたくさんいますが、当時は大学に行く段階で競泳をやめてしまう選手、大学卒業とともに引退する選手がほとんどでした。25歳を過ぎて現役の人は少なかったのでは?!そんな記憶がある。もちろん私もそのパターン。競泳は高校卒業で引退し、大学で違うことをしようと思っていたのに気づけば水泳部に入部していた感じ(笑)結局私には水泳人の空気が居心地よかったのでしょう♪大学時代は競泳選手とトライアスロン選手を掛け持ちしていました。そして大学2年生の1996年、NTTのサポートでオリンピック選手を育てるプロジェクトにご縁があり、チームNTTのメンバーとしてオリンピックを目指す事になり、私のプロトライアスロン選手になる夢はあっさり叶ってしまうわけで・・・それから16年。プロトライアスリートとして16年間も、たくさんの人、企業にご支援・ご声援をいただきプロ生活を送らせていただきました。オリンピック出場もプロ選手も。叶った夢は天国のような日々もあれば地獄のような日々もあり、超HAPPYもあれば超どん底もあり・・・語ると長くなるのでスルーしてアシックスの話題に戻ります(笑)アシックスが初めて声をかけて下さったのは、最初に挑んだ2000年のシドニー五輪頃かな。嬉しかったので声をかけていただいた場所だけははっきり覚えています。石垣島大会の開会式会場。「頑張れば、アシックスがサポートしてあげるからね。」と声をかけてくれました。嬉しかったな~♡まだ日本ランキング5,6番の、さらにランニングが苦手な私にランニングシューズのトップブランドアシックスが声をかけてくれたのだから・・・それから引退するまで、いい時も悪い時も「まち、大丈夫。頑張れ!!走れてるよ!!大丈夫大丈夫。」とずっと温かくサポートして下さいました。そんな私の宝物♡現役時代、毎年私の走りと足に合わせて作って下さった私のスペシャルシューズ達♪♪

とうとうママになりました‼️

皆さん、こんにちは😃報告が遅くなりましたが、12月9日15時3分、3568gの元気な男の子が生まれました‼️前日に高位破水といって、バジャーと一気に出る破水ではなく、ちょろちょろちょろちょろ羊水が漏れてしまう破水が起こってしまったため、金曜日に入院しました。破水して24時間を過ぎると赤ちゃんに感染のリスクが高くなるらしく、翌日の朝から陣痛促進剤を使って陣痛を促しながら、15時03分無事におぎゃーとか弱く泣く、細くて背の高い我が子と対面する事ができました。陣痛が始まった頃は隣の分娩室から聞こえてくる、おぎゃー、おめでとうございます!!に感動の涙を流していましたが、我が子の時は、、、、⁉️なんだか想像していたような涙は出ず、ただただ出生直後のケアを受ける我が子の診断に耳を傾けながら彼を見守るしかできない。さらにはひととおり体のチェックが終わり、なんか視線を感じるなと思って足をちょっとどけて赤ちゃんをみたら、まさかのガン見‼️旦那さん似の切れ目と長い手足のイカツイ赤ちゃんがこちらをじーとみていたから笑っちゃいました(笑)そんなこんなでドラマのように号泣する事もなく、愛おしさと笑顔で我が息子に対面する事ができました。(笑)ただ私の病院ではカンガルーケアといって横たわるお母さんの上に赤ちゃんが乗せられ肌と肌を合わせて一緒の時間を過ごすのがあり、その時はちょっと感極まるところもありました❤️隣で眠る我が子を見ていたら、この子のために元気でいなくちゃ、と思うし、今までずっと自己中心的に生きてきたのに、この子のためなら自分は二の次でいい‼️と自然と思える自分にびっくりしたり。旦那さんと自分に似た仕草や表情をしながらおっぱいを飲む我が子を見ていたら、そこはさすがに涙も出てきちゃいます。とにかく新米ママは全てが手探りですが、有望なアスリートに育てあげるためにも⁉️(笑)睡眠を犠牲にして子育て頑張ります‼️個別に応援メッセージを下さったみなさん、出産をまだかと待ってて下さったみなさん。本当にありがとうございました。赤ちゃんが外に出れるようになってどこかでお会いした際にはぜひ抱っこしてあげて下さい‼️天使が1人増えた山脇家をこれからもよろしくお願い致します‼️