大阪城トライアスロン大会

6月10日(日)無事に大阪城トライアスロン大会が終了しました。
雨予報だった天気も奇跡的にもち、
事故やアクシデントなど大きな混乱もなく無事終了!!

今回私はオリンピアンとして、田山くん(アテネ、北京、ロンドン、リオ五輪日本代表で昨年引退し、現在は流通経済大学助教授・トライアスロン競技部監督)と一緒に大会視察に来られた、鈴木大地スポーツ庁長官のアテンドをさせていただきました。

 

また今大会では私を含め4名のトライアスロン競技オリンピアンが現地にいました。
西内洋行選手、田山寛豪選手、細田雄一選手、そして私。
エキスポのトークショーを含めると、スポーツ長長官をはじめ、スケートの岡崎朋美選手や競泳の中西悠子選手とメダリストも登場したというなんと豪華な大会♪
鈴木長官、岡崎選手、中西選手はトークショーで、私と田山選手は鈴木長官のアテンドとトークショー、西内選手はちちんぷいぷいの山中アナウンサーのサポート、細田選手は選手として出場し、大会を盛り上げました!!

同じ目標に向かって同じ時間を過ごしていたメンバーと再会し、話すことで、私も負けてられないな♪と頑張る力を頂きました。


そして久しぶりに間近で感じるエリートレース。
若くて初々しい選手たち、現役時代を共に過ごし今やベテラン選手となった後輩たち、スタート前の緊張感・・・・久しぶりに興奮しちゃいました。

さらに鈴木長官のアテンドをさせていただく合間に飛び交っていた、日本のスポーツ・トライアスロンの発展に向けたビジョンや現状。
日本のスポーツ界のトップ、日本のトライアスロン界のトップが話す貴重な話にも終始わくわくわくわく。

選手時代は、人生、生活、仕事、全てがオリンピックに向かっていて、オリンピックが全てという目標に向かって生きていましたが、今は、自分の人生、家族の人生、家族の生活、仕事と全てのバランスが全ての中で生きている。だから、選手の時のような明確な目標はなかなか見えづらいけど、こういう機会を与えていただくと、社会人として今自分がしたいこと、出来る事を考えるきっかけを与えてもらえます。

そうした目で今の自分を見ると、今は【普及】という言葉がふさわしいのかな?!
いつかまた【強化】や【観戦】と表現するときがくるかもしれないけど、今は普及。
1人でも多くの人が、トライアスロンを始め、長い間トライアスロンを通じて経験する喜びや悔しさ、楽しみや悲しみを「やっぱりトライアスロンやっててよかった♪♪」に変えるために全力でサポートしたい!!そう思っています。

そんな中、今大会の前日9日にはANGEL SUPPORTERSとして大阪城トライアスロン大会をサポートして下さる一般社団法人大阪青年会議所が主催するキッズチャレンジ・キッズトライアスロン教室に講師として参加させていただきました。
(写真提供:一般社団法人大阪青年会議所)

約50名のキッズたちにトライアスロンの紹介、ジュニアロードバイク体験、ミニトライアスロン体験(スイムなし)をして頂きました♪

みんな一生懸命トライアスロンを体験してくれていました♪
選手以外の立場でこのような機会を経験することは初めてだったのでとても勉強になり、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。ここに参加してくれた子供達から未来のアスリート、未来のオリンピアンが生まれることを願ってます。

そして、そして!!
我らがLANVESTAトライアスロンスクールメンバーの活躍♪

なんと、リレー女子で優勝してしまうという快挙を成し遂げてくれました!!
もちろん他のメンバーも日頃のトレーニングの成果を発揮し、笑顔でフィニッシュ!!!

いろんな意味で緊張し、楽しみにしていた大阪城大会はあっという間に終わってしまいました。


また来年。
来年はどのような形で大会に関わらせていただけるのか、どのような事を思いながら大会を迎えるのか。今から楽しみです。
皆さん、お疲れ様でした!!


山脇真知子(中西真知子)

元プロトライアスリート 2004年アテネオリンピックトライアスロン日本代表 中西真知子のオフィシャルホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000